• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU

ドームヒストリー:HISTORY

2000DNS誕生

当時の日本のサプリメント―それは、
「低品質」
「不味い」
「高価」
というものでした。パフォーマンスアップのためには、サプリメントの「継続摂取」が絶対条件である中、これではアスリートの努力を最大化することはできません。これを可能にする「真のスポーツサプリメント」は、
「高品質」
「飲み易い(おいしい)」
「適正価格(常用できる価格)」
でなければなりません。ドームは原料輸入、味、製造、パッケージデザインにいたるすべての工程において、現場との直接取引とアスリートの声を聴くことを貫き、約2年の歳月をかけて2000年に「ホエイプロテインG+」を開発しました。

当時1kg平均6,000円以上したプロテインを、4,800円まで価格を抑え、サプリメント業界の常識を覆したのでした。

しかし、商品を開発し販売するだけでは完全とはいえません。ドームは、サプリメント講習会の実施、ニュートリションガイドブックの発行、WEBページの開設によってアスリートへのトレーニングと栄養・サプリメント摂取に関する啓発・教育活動を積極的に行っています。それはトレーニングと栄養・サプリメント摂取に関する正しい知識がなければ、継続摂取そして本来の目的であるパフォーマンスアップにつながらないからです。
「DNS」というブランド名。これは、Dome Nutrition Systemの略なのですが、最後のSystemには、サプリメント商品だけではなく、これら啓発・教育活動も含めてSystemとして考えて欲しいという思いから名づけられています。

ドームヒストリー 一覧へ