• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU
  • TOP
  • 企業理念/三大主義

企業理念/三大主義:corporate philosophy / Three major principles

企業理念社会価値の創造

創業以来掲げているドームの理念は「社会価値の創造」です。
「社会価値」とは社会的に意味のあるもの、有益なものを指し、「創造」とは新しくゼロから作り上げることです。

つまり、ドームでは「スポーツ」を通じて社会のお役に立つ、新しい市場、新しい人材、新しい文化、新しい生活を創造し、社会に貢献していきたいと考えています。

目指す成果は、スポーツ人口の増加や需要促進といったスポーツ業界の経済的な発展にとどまりません。より良い環境や正しい知識の提供、スポーツが結ぶ絆、達成感、喜びの共有など、スポーツを通じてできることは今、無限に広がっています。

スポーツ環境の水準を世界レベルに引き上げたい。世界での活躍を目指すアスリートの夢を実現する手助けをしたい。日本の豊かさの一方で、社会的に意味をなさない時間を過ごす若者たちに生き生きとした魅力ある生活を提供したい。スポーツが生み出す有形無形の価値を、より広く、より多くの人に届けたい。

これらドームの想いを一つひとつ具現化し、笑顔あふれる素晴らしい豊かさを生み出す「社会価値の創造」を行っていきます。

三大主義一貫した行動基準

「社会価値の創造」という企業理念を実現するために、創業以来培ってきた3つの主義があります。

それは、「現場主義」、「自前主義」、「世界連携主義」。

アスリートと対話しないことには、アスリートが本当に求めているものを探り当てることはできません。
自分の頭で考え、自分で作らないことには、その商品が本当に素晴らしいものかどうか、確認することすらできません。
どんなに先進国と言われようと、いいものが日本だけにあるとは限りません。
世界中に目を向け、耳を傾け、足を運ぶことが大切と考えています。

ドームは、最高の商品・サービスを提供するために、現場へ足を運び、自ら実践し、世界を駆け巡ります。

現場主義

アスリートが抱いている要望や感じているストレスの本質を突き止めるために、対話を繰り返し、些細な声にも常に耳を傾けています。同時に、アスリートに対して正しい情報を伝え、啓発や教育を行う役割も我々が担っていると考えています。こうして築いたアスリートとの信頼関係が、ドームの実行力やさらなる進化の礎となっています。

自前主義

外部の企業や専門家との連携はビジネス効率や効果を高めるために不可欠です。しかし、だからと言って安易に外部に頼ることはしません。自分の頭を使い、自分の身体で覚えることは、スポーツの習得がそうであるように、一人ひとり能力向上につながります。個々の切磋琢磨がドームの活力源です。いかなる難題に対しても「まずは自分がやってみる」という姿勢を貫き、新たな領域に挑戦してまいります。

世界連携主義

ドームの掲げる「世界連携主義」は、「いいものがあればどこにでも出かけて吸収する」「どこにでも出かけて心を込めて伝えていく」という姿勢であり、そこに国境という境界線は存在しません。貿易など物質的側面はもとより、それぞれの国や地域の人々と深く交わりながら、情報やサービスという付加価値の最適化を目指し、世界中の人々と共有・協業を図っています。