• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU

「一つのミスが、何万着のミスにつながるという責任感」

生産管理部 柳田 奈緒

1986年生まれ。日本女子大学家政学部卒業。
2009年 新卒にて株式会社ドームに入社。

— ドームを志望した理由を教えてください。

大学で専攻していた服飾と、もともと見ることもすることも好きだったスポーツに関わる仕事がしたいという思いから、就職活動はスポーツアパレルを第一志望として行いました。
ドームへは、「スポーツを通じて社会を豊かにする」という企業理念に共感したことから、応募しました。
説明会や面接で会社に訪問した際、社員の皆さんが「こんにちは」、「面接で来たの?頑張ってね!」と声をかけてくださったことがとても嬉しく、「この会社の一員になりたい。貢献したい。」という気持ちがより高まりました。

— 新卒で入社した当初は何をしていましたか?

カスタマーセンターにて、お客様からの電話対応を行っていました。アンダーアーマーやDNSのファンの方と直接お話をする機会が多く、ブランドに期待されている分厳しいお言葉もいただくこともありましたが、皆様に愛されているブランドだということをとても強く感じることができました。
1年目の途中より異動となり、アンダーアーマーの開発部隊の一員として資材の開発を担当しています。最初にカスタマーセンターで直接お客様との対話を経験したことで、お客様目線で商品を見ることが出来るようになり、それが今の仕事にいきているように思います。

— 現在、アパレル開発部ではどのような業務をしていますか?

年間に発売される約1500品番に及ぶアンダーアーマーのアパレル商品、アクセサリーの一部、プロ選手が使用する商品の付属開発(※)と、タグ、パッケージ等の開発を行っています。アンダーアーマーの商品は、一貫してアスリートのパフォーマンスアップを目的としています。そのため、とにかく機能性が高く、細部まで非常にこだわり抜いて作られています。機能と着心地をバランスよく実現するためには、ひとつのパーツもいい加減には扱えません。
そのため、私が担当する付属開発に関しても慎重に行っています。商品開発の流れとしては、マーチャンダイザーが企画した商品を、デザイナーがデザインし、それを具現化する為に資材を選定し、サンプルを作成します。またアメリカのアンダーアーマー本社が開発した資材を日本規格の商品に採用することもあります。
タグ・パッケージに関しては、アンダーアーマー本社のデザインを踏襲し、社内でデザインを作成しています。その中で私は、全体スケジュールの進捗管理や価格決定、品質の検証を行っています。タグやパッケージもアンダーアーマーというブランドを表現する大事な場所であり、一つ一つ、関係者が集まって丁寧に作り上げていきます。私は、その最初から最後までのプロセスに関わっています。

※付属開発:生地以外の商品パーツ(ヒートシール、ジッパー、ゴム等)の開発

— ドームに入社してみていかがですか?

会社と共に社員も成長できる会社だと思います。会社の成長も勢いがありますし、それを毎日肌で感じることができます。でも会社が成長するからといって、自分が成長しないままでは置いていかれます。新卒で入社した同期の仲間を含め、周りもぐんぐん成長しています。
言われたことを言われたままに行うことは簡単です。しかしドームは、自由な発想をし、自らの意思で行動させてもらえる会社です。失敗をしたことも、全力で失敗したのであればその過程は評価してもらえます。失敗を恐れて小さくまとまるよりは、失敗をしてもいいから新しいこと、興味のあることに挑戦することが大切だということを日々学んでいます。
また、やはり自分の携わった商品が売り出された時には一番のやりがいを感じます。
その分、開発段階の一つのミスは、生産となった時には何万着もの商品に影響が出る為大きなミスとなることも痛感してきました。いろんな経験を経て、自分の仕事に対して責任感をしっかり持つようになり、その責任感がシーズンを終えるごとに自分を成長させてくれているように思います。
今後も、今まで以上にアスリートにより良い商品を提供できるような開発をしていければと思っています。

— ドームに入って何か新しく始めたことはありますか?

自分が関わった商品を着たいという思いから、ゴルフを習い始め、会社のゴルフ部にも入部しました。なかなかスコアは良くなりませんが、ゴルフを始めたことで取引先をはじめ、様々な方と共通の話題で盛り上がれるようになりました。
自分が着ていることで、商品についてもただの知識だけでなく経験談、実感としてきちんと紹介できますし、逆にお客様からのフィードバックを持ち帰って次に活かすこともできます。
また、ドームにはいろんな部活動があり、私はテニス部にも所属しています。新しい方と仲良くなれるいい機会にもなっています。

— ドームを志望する学生へのメッセージをお願いします

私は大学4年間で学んだことが、業務に活かせているように感じています。
カスタマーセンターにいた際も、繊維の特性や洗濯、取扱い方法等の知識があった分、お客様からのお問い合わせ内容を理解しやすく、こちらから説明する際にも役に立ちました。
また開発に異動してからも、大学時代にマーチャンダイザーやデザイナー、パタンナー、生産管理の仕事についても学んでいた為、業務の流れを理解しやすかったです。
ドームは、学生時代、専門的に学んだことをいかせることはもちろん、それ以外にも様々なことに挑戦出来る会社です。
ドームに入社してやりたいこと、なりたい姿をできるだけ具体的に思い描いてみてください。それをエントリーシートや面接で伝えて頂ければと思います。一緒に切磋琢磨できる仲間が増えることを楽しみにしています。


1日のスケジュール

06:00 起床
07:00 出社:電車通勤
09:00 始業
メールチェック
次シーズンの資材についてデザイナーとの打ち合わせ
12:00 英会話
13:00 昼食
14:00 取引先来社:新規資材についての打ち合わせ
16:00 開発業務に使用するシステムの定例MTG
19:30 帰宅
23:30 就寝