• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU
  • TOP
  • ニュース
  • 高野人母美選手(プロボクシング) プロ第5戦 2ラウンドKO勝利!

ニュース:NEWS

14.03.27高野人母美選手(プロボクシング) プロ第5戦 2ラウンドKO勝利!

20140327_01.jpg3月24日、後楽園ホールで行われたプロ第5戦で、アンダーアーマー・DNS契約アスリート高野人母美選手が見事KO勝利をおさめました。

プロデビュー後4戦全勝で勝ち進み、迎えた5戦目。B級ライセンス取得後初の6回戦となる今回の試合、対戦相手はタイ出身の19歳、クラーブカーオ・ポープリーチャー。緊張してしまったという高野選手は開始直後受けに回るも、右ストレートからの右フックでポープリーチャーを1回に2度ダウン。さらに左ボディへの鋭いパンチが決まり、2ラウンドKO勝利を勝ち取りました。

気迫みなぎる試合前とは打って変わって、試合直後は「勝てました。本当にありがとうございました」と丁寧に関係者に挨拶。華やかな登場シーンからは想像もつかないほど、礼儀正しい姿が印象的でした。

「トレーニングは、呼吸が止まるんじゃないかと思うくらい苦しいです」
「絶対に負けない。それだけです」

試合前のインタビュー時に話してくれた、勝つことへの飽くなき執念。その気持ちを糧にストイックに修練を重ねてきた結果が実った嬉しい勝利となりました。
今回の試合でプロ5試合連続勝利を果たした高野選手は、次の試合に勝つことでA級ライセンスを取得、世界ランキング入りを果たします。

気になる次戦の開催は5月。躍進を続ける高野選手を、株式会社ドームはこれからもサポートしてまいります。

参考:弊社運営メディア『W-エボリューション』高野人母美選手インタビュー


高野 人母美(たかの ともみ)
1986年生まれ、東京都出身。177cm。スーパーフライ級右ファイター。協栄ジム所属。中学3年生からキックボクシングを始める。高校卒業後に開始したモデル業と並行し、2010年からはアマチュアボクシングの道へと進んだ。2013年1月にプロテストに合格、以降は長身から繰り出される右ストレートを最大の武器に、連続で勝利を奪取。今回の試合で5戦連勝、プロで負けなしの記録を更新した。