• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU

「経営判断に必要な数値を提供する」

ファイナンス&アカウンティング部
チームリーダー 田中 理絵

1979年生まれ。聖心女子大学文学部卒業。
コンサルティング会社を退職後、2004年株式会社ドームに入社。

— 仕事内容を教えてください

会社の経理業務を担当しています。
経理は、会社の状況を正しくタイムリーに数値化することが仕事です。
日々の入出金や決算時の仕訳記帳、経費精算のチェック業務から、会社の成績表となる決算書の作成まで、経理チーム員と役割分担しながら、業務を行っています。
また、会社の全ての取引を数値として表すため、新しいビジネスについての会計処理を関係部署と確認したり、正しい会計処理や体制について、会計士や税理士と相談し、決定しています。

— 仕事のやりがい、達成感を得たエピソードなどを教えてください

経理の仕事は、会社の全ての取引の数値を取り扱うことになるので、会計的な知識にも、会社の業務にも精通している必要があります。どちらも精通しないままでいると、間違った会計処理にしてしまったり、担当部署に業務負荷をかけてしまったりするため、プレッシャーもあります。
営業のように商売に直接関わる業務ではないですが、会社全体の業務の流れや、会社の状況を一番に知ることができる立場にあり、会社の基盤を築いたり、経営陣や担当部署をサポートしていく業務もなくてはならないため、非常にやりがいを感じています。
ドームは会計監査を受け始めて数年になりますが、自分が計算した金額や、会計処理に対して、会計士から指摘が入らなかったときは、ほっと安堵しています。

— 仕事を進める上で大切にしていることを教えてください

「木を見て森を見ず」、つまり自分本位の仕事になっていないか、を常に意識して仕事を進めています。
経理の仕事は、正確な処理であることはもちろん必要です。数値が合わなかった場合、個人的にはぴったりと合うまで原因を探りたいところですが、1円を合わせるために時間をかけすぎていると、経営に必要な情報の提供が遅れ、経営判断ができなくなってしまうこともあります。自分の満足感だけで仕事をすると、本来会社が求めているものと方向が異なってしまうこともあります。
仕事は探せば無数に転がっていて、時間があるなら全てやり遂げたいのですが、時間は有限です。
特に私は、子育てのために時短勤務をしていることもあり、自分に求められているものは何か、を意識することによって、必要な仕事の優先順位をつけるようにしています。

— あなたにとってのドームの魅力を教えてください

一つは、やはりスポーツの魅力を存分に味わえるところです。
契約選手が来社された際に直接応援することができますし、社内には大画面のディスプレイがあり、業務中にもスポーツ中継が流れているため、スポーツ観戦することもできます。また、社員はスポーツが好きな人が多いので、社内のジムでトレーニングをする人や、運動部の活動も盛んです。スポーツって人を幸せにするな、ということをとても身近に感じることができる環境だと思います。
もう一つは、働く人が魅力的なところです。
仕事熱心なだけでなく、プライベートも充実させていたり、人として見習いたいなと思う方が多く、日々共に仕事をしていく中で、非常に刺激を受けています。また、社長を始め、夢を現実にしていく姿を間近で見ていると、もっと自分にもできることがあるはずと思わせてくれ、プレッシャーもありますが、こうなったらいいな、ああしたらどうかなど、ワクワクしながら仕事をしています。