• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU

「1年目から責任ある仕事を任せられる」

財務部 守田 啓佑

1991年生まれ。早稲田大学スポーツ科学部卒業。
2015年 新卒にて株式会社ドームに入社。

— 現在の仕事内容を教えてください

会社の予算策定や、財務状態の分析・報告・戦略策定など、財務にまつわる業務に携わっています。

— 仕事のやりがい、達成感を得たエピソードなどを教えてください

財務という仕事は、知れば知るほど、どんどん知らない世界が広がっていく、「広く深い」仕事だと思います。
常に100点に近い回答を出さなければならないプレッシャーも感じますが、一方で、1年目にして、会社の「舵取り役」を担わせてもらっているということに、単純に嬉しさとやりがいを強く感じて、もっと頑張らなければと、日々気持ちを新たにしています。
また、配属されるまで財務の「ざ」の字も知らないような人間であったうえに、学生時代、数学を大の苦手にしていた私にとってみれば、見るもの感じるもの全てが未知のもので、余計に財務という世界が広く、深く感じられます。しかし、だからこそ、やってやろうというやりがいを感じ、それが面白さにつながっていると思います。

— 仕事を進める上で大切にしていることを教えてください

当たり前すぎるかもしれませんが、「報・連・相」です。
初めは全員そうですが、「知らなくて当たり前、できなくて当たり前」です。
分からなかったり、迷ったり、上手くいかなければ、逐一先輩方に伺い、アドバイスをいただきながら仕事を進めることで、仕事自体の完成度も上がり、スピードも速まります。
それに、先輩方とコミュニケーションを取りながら進めることで、先輩方の知識、思考を感じ取り、学ぶことができるため、自身の成長スピードも速くなっていると実感することが多いです。
それを恥と思い、仕事をため込んで、周囲の人々に迷惑をかけたり、成長のスピードを遅らせる人もいると思いますが(昔は私もそうでした)、それは絶対にやってはいけないことだと、毎年急激なスピードで成長しているドームに入ったからこそ、感じられているのだと思います。

— あなたにとってのドームの魅力を教えてください

一言で言えば、”Unpredictable”、つまり、予測ができないところだと思います。
一度やると決めたことへのスピード感、ダイナミズムは、社長から、一社員まで、徹底して凄いものがあります。
ゴールにつながる最短の道を全力で突っ走り、その結果、期待以上の結果が次々と表れてきます。
予想もしないような事態に振り回されることもありますが、それこそがドームの魅力であり、心の底からドームで働くことを楽しめている要因だと思います。
学生の時、大好きだったスポーツに、わき目もふらずに全力で取り組んでいた人間が集まったからこそ醸成された文化かもしれませんが、学生時代、テニスに全力を注いでいた私にとっては本当に居心地がいいです。
会社の成長に置いていかれない様、日々必死に喰らいついていますが、それも一回も苦に思ったことはありません。
テニスを全力で取り組んでいた青春時代のように、今は、ひたすら突っ走って、成長することが楽しくて仕方ありません。

— ドームを志望する学生へのメッセージをお願いします

The サラリーマンのような仕事をしたい人。マニュアルに沿って、何も考えなくていいような仕事をしたい人。安定した、波のない仕事をしたい人。旧態依然とした上下関係の中で仕事をしたい人。一社員として、駒のように働きたい人。そういう考えを持つ人は、ドームには合わないと思います。
スポーツが大好きな人。チャレンジしたい人。成長したい人。日々エキサイティングな仕事がしたい人。役職関係なくフラットな関係の中で、ダイナミズム溢れる職場で働きたい人。上っ面でなく、スポーツで何かを残したい人。日本のスポーツ界、日本そのものを変えたいと思っている人。
そんな想いを持つ人は、ドームがいい、むしろドームしかないと思います。
そんな皆さんと働くことのできる将来を楽しみに待っています。