• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU

「アスリートとの交流が、日々のエネルギーになっている」

スポーツマーケティング部 川﨑 渉

1992年生まれ。筑波大学体育専門学群卒業。
2015年 新卒にて株式会社ドームに入社。

— 仕事内容を教えてください

昨年までは営業企画第二部に所属し、スポーツ専門店や地域の小売店にサッカー・野球・バスケットボールなど競技カテゴリーを問わず、自分の担当するエリアへの営業を行っていました。
主な業務内容は、スポーツの現場で戦う部活生やアスリートへのドーム商材の訴求です。自分の担当する小売店とタッグを組み、いかに地元のチームにドームの商品を使っていただけるかを日々考えて業務に当たることを心掛けています。
アンダーアーマーのブランドミッションでもある「アスリートを進化させる」ために、より多くの選手、チームにドーム商品を使っていただくとともに、単にモノを売るだけでなく、「このチームを強くしたい」という思いを持って日々現場に出ています。

— 仕事のやりがい、達成感を得たエピソードなどを教えてください

一番は自分の担当するチームが全国大会に出場したり、勝利を収めた時です。
また、スポーツの現場に最も近い位置で働いているので、日々選手やチーム関係者の方々からリアルな意見や情報を聞くことができます。そしてスポーツの持つ感動や喜び、または厳しさや苦しさなど、現場でしか味わえないものを感じながら仕事をすることができる点にも、大きなやりがいを感じています。
チームや選手から色々なご要望をいただくため、大変だと思うことはもちろんありますが、現場で得られる感情が日々のエネルギーにもなっています。

— 仕事を進める上で大切にしていることを教えてください

大きな視点を持つということです。チームや選手をサポートする上で、直接コミュニケーションを取ることができるので、単に商品を供給するのではなく、このチームを強くするためにはどうすればよいか、自分の仕事が何につながっているのか、など常に大きな視点を持って業務に臨んでいます。
もう一点は、嘘をつかないことです。困っていることがあったら素直に言う。分からないことがあったら分かるまで調べたり、先輩方に聞いて解決します。最初は分からないことが恥ずかしかったり、劣等感を感じたりもしましたが、嘘をつかず、調べたり聞いたりすることが最終的に良い結果を出せる方法だということもわかってきました。多少時間がかかっても一つ一つ解決をして業務に当たることを意識しています。

— あなたにとってのドームの魅力を教えてください

社員のほとんどが元体育会系のアスリートだということです。
ドームでは、大きなゴールが共有され、その共通のゴールに向かって社員が突き進んでいます。そのために何かを周りから強制されるということはなく、ほとんどが自分の意志に任されています。
それは、スポーツと同じで、自分のために、あるいはチームのために頑張るといった、アスリートならではのストイックな精神が無くては成り立たないものなのではないかと思っています。