• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU
  • TOP
  • ニュース
  • 特別協賛 『2012 FISワールドカップ(W杯)モーグル苗場大会』 開催報告

ニュース:NEWS

12.03.14特別協賛 『2012 FISワールドカップ(W杯)モーグル苗場大会』 開催報告

20120314_01.jpgアンダーアーマー(株式会社ドーム)が特別協賛する、ワールドカップ(W杯)モーグル苗場大会『FIS FREESTYLE SKI WORLD CUP in Naeba 2012』が2012年2月18日(土)~19日(日)に開催されましたので、ご報告いたします。

何よりもまず、参加されたすべてのアスリートの健闘を称え、栄冠を勝ち取ったアスリートに惜しみない称賛をお贈りします。そして、本大会を無事開催し成功できたことを、関係各位、来場された皆さま、TVなどを通じて応援していただいた皆さまに深く御礼申し上げます。

20120314_02.jpg大会初日は激しい吹雪。二日目は一転して快晴となった苗場ゲレンデ。
自然の不確かさや激しさを目の当たりにする中、世界各国から集まったモーグルのトップアスリート達は果敢に挑み、真剣なる熱い戦いを展開してくれました。

このたびの特別協賛は、「スキー界を盛り上げたい」という想いが発端です。そのために、スキーの楽しさを多くの人に伝えたい、スキーという競技を通じて自然や自分と戦うアスリートの真剣な姿を子供たちに見せたい、スキー界を担うアスリートたちに活躍の場を提供したい。最高と誇れる大会をアスリートや来場者の方々に提供できるよう、新たなチャレンジに取り組み、実現に向けて準備を積み重ねてまいりました。

そのためには、アスリートが持てるパフォーマンスを最大限に発揮できる環境、会場が一体となって盛り上がれる大会であること、未来を担う子供たちにスキーの楽しさを伝えることなど、関係各位のご理解とご協力のもと、様々な取り組みが実現した本大会。
火炎や煙を用いた演出、大会前に日本代表選手の協力による「ジュニア向けスキークリニック」や日本代表選手による「特別スキークリニック」を実施など、FIS(国際スキー連盟)史上初となる取り組みも数多く取り入れました。
大会のテーマソングは「雪山賛歌」を採用し、雪山に映える壮大ながらも、スキーに親しむ方の耳に残していただけるようなサウンドにアレンジいたしました。

20120314_03.jpgご来場いただいた方には、大会をより楽しんでいただけるような会場装飾や、様々な切り口で大会を分析する情報満載のパンフレットなどをご用意。TV放送ではデータによる選手の分析や、スーパースローカメラや選手目線の映像をお届けできる小型カメラを導入し、滑りやジャンプ、表情、風景など細かくリアルにお伝えできるよう工夫を凝らしてまいりました。
一人でも多くの皆様に、アスリートの息遣い、レースを見守る緊迫感、ゴールした瞬間の達成感などが伝わっていましたら幸いです。

20120314_04.jpg株式会社ドームは理念である「社会価値の創造」を実現できるよう、本大会のような取り組みやアスリートのサポートを続け、スポーツを通じた豊かな社会づくりに貢献できるよう努力してまいります。