• ACCESS / CONTACT
  • UNDER ARMOUR
  • DNS
  • D Medical
  • DOME ATHLETE HOUSE
  • Facebook
MENU

社長コラム:PRESIDENT’S COLUMN

vol.017最近の出来事

1)松坂投手との会談
先日、宮崎県南郷という場所に行ってきた。西武ライオンズの松坂大輔投手(当時、契約選手)との会談がその目的である。松坂投手はご存知の人も多いかと思うが、今年からアンダーアーマーを着用していて、特に後半戦は目立つ長袖のモノを着はじめたことから、多数の雑誌などに取上げられるなど、それなりに話題を呼んだ。沢村賞受賞時の記者会見で「後半戦の復活のポイントは?」の問いに、「ぴっちりしたアンダーウエアを着はじめたからです」との"サービス回答"もドーム内をかなり盛り上げた。 松坂選手の場合、当り前ではあるが、かなり色々なメーカーからのアプローチがある。で、球団広報との関係上、非常にセンシティブな契約問題もあり、来年以降の着用については、軽はずみなことは言えないのであるが、、、、、とにかくアンダーアーマーは「彼の気に入り」ってことは確かなのだ! 彼は汗かき故、試合当日は練習を含めると「10枚くらいアンダーシャツを着替えることもあった」という。でもアンダーアーマーにしてからは何と、「1枚着替えるか、全く着替えないか」という嬉しい事実も確認できた。更に着心地が良く、どんなに汗をかいても軽いので、試合のときのアンダーウエアには最適、とのコメントをありがたく頂戴した。うーん、何ともいえないこの充実感。正にアンダーアーマーのコンセプト、「セカンドスキン」という考えがピッタリはまった、という最高の例である。 とにかく、これに慢心せず、アスリートのパフォーマンスを上げるべく、もっともっとマーケティングに力を入れていこう!

2)日本シリーズ、ヤクルトスワローズ圧勝
日本シリーズはヤクルトスワローズの圧勝で終わった。ヤクルトスワローズではEASサプリメントをチームで購入して頂いており、またアンダーアーマーを藤井投手、ラミレス外野手、石井弘投手、岩村選手(時々)が着用している。 反対に近鉄バファローズでは、ホームラン王、タフィー・ローズ始め中村ノリ内野手、ギルバード内野手、三沢投手などが着用している。EASは惜しくも登板はなかったが、高村投手、三沢投手が摂取している。で、ドーム的な独断と偏見で日本シリーズを振り返ると、やはり、アンダーアーマーの着用率の高いヤクルトスワローズか勝ったという訳だ...。 ただ、98年よりこつこつとアンダーアーマーのプロモーションをしている我々にとって、「日本シリーズ」という最高の舞台で、沢山の選手達がアンダーアーマーを着用してプレーしている姿を目の当たりにし、ある種違った感動を覚えざるを得ない。自分達が「最高」と感じる製品をトップアスリート達も「最高」と感じて着用しているわけだ。あー、嬉しい。また、TVをつければ今、行われているワールドシリーズでも沢山の選手がアンダーアーマーを着用している姿を確認できる...。 うーん、アスリートに選ばれるアパレルブランドとして、これからも頑張っていきましょう! 

3)外山職員、UA長期出張
サプリメント担当の外山職員が1ヶ月間、アンダーアーマー社に長期出張にでた。あらゆる実務的機能面において、UA社とのパートナーシップの強化がその目的である。米国の大学を卒業している外山職員は英語力が抜群なだけでなく、米国スポーツ界への造詣が深い。彼はベントリー大学、というDivision2 ではあるが、大学でアメリカンフットボールをやっていたちょっと変わったアスリートである。(僕の感覚では米国の大学でフットボールをやるなどというのは、ある種自殺行為である...彼は身長170cm足らず、また高校時代はちょろっと水泳をかじった程度、という運動経験しかないのだ...) 今回の長期出張ではUA社内にドームの米国子会社であるGID Inc.を移動したり、ドーム雇用の現地社員を採用する、米国のUAのマーケティング手法を学ぶ等々、内容はダイナミックかつ緻密である。緻密なところは外山職員に任せ、ダイナミックなところは、来月の僕自身のUA訪問の際に妥結する予定である。僕のいう「ダイナミックなところ」とは一緒にビール飲んで、「これからも一緒に頑張ろう!」というところ。結構大事な仕事である。 と、言う訳で炭そ菌問題や同時多発テロに揺れる米国にも、仕事ともなればホイホイと行かなくてはならないのだ... 来月早々には旅立ちます。ボルチモアは第二の故郷となってます。

4)皆川賢太郎帰国
いよいよあと4ヶ月に迫ってきたソルトレークオリンピック、で、冬季オリンピックの花形、アルペンスキーのエース、皆川賢太郎がヨーロッパ合宿から帰国した。今回の合宿では捻挫をして期待ほどの成果は上がらなかったらしいが、とりあえず調子はいいようだ。またまた商売の話にはなってしまうが、賢太郎の活躍次第で、アンダーアーマーの売上がガィーンと伸びるはずなので、とにかく頑張ってもらいたい! と、言う訳で帰国祝いを夜の六本木にて派手にやってきました。なお、当日の記憶はありません。

ふーっと、気温も下がり、そろそろ年末の雰囲気を感じながら、相変わらずの忙しさでバタバタ状態は続きます...。 と、言う訳で、いいことばかりではない人生、♪一つ山越しゃホンダラダッタホイホーイ♪と、あくまでも楽しく、前向きに、積極的に、何事も恐れることなく、ホイホーイっと行きましょう! 気持ちの持ち方一つで、モノの見え方は大きく変わるってものだ! 気持ちよく一日を過ごしましょう。

社長コラム 一覧へ